performance

023-009B.png

ママン八尾 標準仕様

 

 

【気密】についての説明です(^^)

気密とは簡単に言いますと隙間の事です。 最近よく耳にする「高気密住宅」というのは「隙間の小さなお家」の事をさしています。昔は風通しが良い家が良いと言われていたけれど、ちがうの?と思う方もいるかもしれません。

昔ながらの隙間のある風通しのよいお家は、冬は部屋が温まりにくく、底冷えし、花粉なども入りやすくなるなど、住む人の快適性は考慮されていませんでした。 しかし近年の高性能住宅では、気密性能を高め、機械によって計画的に換気を行う事で、寒さを我慢せず、室内の換気が可能になりました。結果お家にも・人にとっても良いことが知られるようになり「高気密住宅」が注目を浴びるようになりました(^_^)

 

 

【 高気密のメリット 】

●家中の温度差が少なくなり、夏のムッとした空気や廊下や、お風呂のひんやり感が改善(温度差によって起きるヒートショックなどの死亡事故も防げます)

●窓やドアから冷気が入り込みにくく、結露の発生を抑えられる

●外気の影響を受けにくいので、冷暖房の効率がアップ

●機械による計画換気が行いやすく、カビやダニが発生を抑える

●遮音性が高く、外部の音が気にならない。



ママン八尾では高気密にプラスして、窓には標準でLow-E複層ガラス使用の樹脂サッシを使用しております。寒さだけでなく、冬に発生しやすい「結露にも強い」お家となっています(´▽`)
ここまでで「隙間の小さなお家」の良さ、大分感じていただけたかと思います(´v`)♪

しかし実際のお家の隙間の大きさは、見ただけでは分からないですよね。だからこそママン八尾では構造ができあがると「全棟気密検査」を行い隙間の大きさを計測しています(^^)/

DSC_4203.jpg

検査はお家の中から空気の圧を送って空気の漏れを計測し、それを数値化します。気密性はC値という言葉で表され、数値が小さい程高性能となります(*‘∀‘) (日本の省エネ基準はC値=2.0cm2/m2) ママン八尾のお家の平均C値=0.33cm2/m2です。この数値は高気密住宅先進国のスウェーデンと同等になります。

沢山ご説明させていただきましたが、隙間の大きさは大工さんの腕によって大きく変わります。この隙間を表すC値は、良いお家を作ってくれる工務店・大工さんか?をお客様自身でも確認していただける一つの基準にもなります(^^)/

DSC_4200.jpg

気密検査の様子。スタッフや大工さんみんなで確認します。