top of page

 new      門真市 イサミ電設事務所
「古道具と和の似合う、ヴィンテージマンション」
 
延床面積 64.56㎡(1LDK)

スタイリッシュな外観で電設事務所とは。。。。。イサミ電設事務所様

室内はアイアンやコンクリートなど、ハードで男らしい素材をあしらいながらも、無垢の木をふんだんに使用しているため居心地のよい空間になっています。


すっとのびるアイアン階段をのぼった先には、ガラスと無垢板のあしらわれたアール壁のある贅沢空間がご来客を出迎えます。
足元にはコンクリート調MPCのフロアに、ステンシルでイサミ電設のロゴマークを施し、事務所とは思えないほどに遊び心のあるホールになりました。


メインフロアともなるスタッフルームには、クールな事務所に似合うアイアンと無垢の木を使ったキッチン。そしてON/OFFどちらにでも使っていただけるコンクリート調のカウンター。

勾配天井に仕上げたスタッフルームは、仕切りを設けないことでフレキシブルな空間に。アイアンと無垢の木を使ったキッチン、そしてコンクリート調のカウンターは

アール壁の社長室がお客様を出迎えます。 ガラスと無垢板のあしらわれたリッチなアール壁。


 

築50年になるヴィンテージマンション。リノベーション前はLDKが壁で仕切られ、それぞれ独立した3LDKの空間となっていました。
リノベーションでは室内の壁を全て取りはらい、間取りから大きく作り変えることで、光が部屋の奥まで降りそそぐ広々としたLDKになりました。


ぬくもりのある古道具を集めるのが趣味のお施主様。
少しづつ集めてきた、お気に入りの家具や雑貨が映えるお部屋にしたい。とのご要望から「エイジング加工の施された無垢の床」「ヴィンテージを思わせるゆらゆらガラスの室内窓」「丸みを帯びた手洗いボウル」など、懐かしさを感じるデザインを取り入れ、空間全体にまとまりをもたせました。


キッチンはご新築でも標準仕様となっている、ウッドワンの無垢のキッチンを使用していますが、天然石を模したワークトップにシンプルモダンな面材を選ぶことで和の上品なキッチンに仕上がっています。 
LDKの中心に据えた独立シンクは、モルタル調のMPCカウンターに。
落ち着いた左官仕上げが、凛とした室内に重厚感をあたえています。


この他にも、和を思わせる「洗い出しの玄関土間」「LDKに隣り合う、小上がりの和室」「板張りの天井」「キッチン背面の大判の石目タイル」「照明」
細部まで和とヴィンテージにこだわり、どこを見ても調和が心地よい落ち着いた空間になりました。






 

bottom of page